<< 20台のときに、読んでおこうと思った本(暫定版) / main / どうでもいい雑感を3つ >>

スポンサーサイト

2012.06.23 Saturday | category:-

一定期間更新がないため広告を表示しています

| author : スポンサードリンク | | - | - |

舌を肥やす会を半年続けて

2011.10.30 Sunday | category:軽く考えたこと
「舌を肥やす会」というものを始めて半年たった。(経緯はこちら
 行ったお店は下のとおり。以下、思ったことのまとめ。

=================================
 4月:分とく山      5000円、☆☆☆☆
 5月:春秋ツギハギ    4000円、☆☆☆★
 6月:菱沼        7000円、☆☆☆☆☆
 7月:春秋ユラリ     5000円、☆☆
 8月:大使館       3000円、☆☆★
 9月:季楽        4000円、☆☆☆
 10月:レストランカタヤマ 3000円、☆☆☆
=================================

4月「分とく山」、6月「菱沼」
ダントツによかったのが和食(分とく山・菱沼)、最高にCPがよい。
おいしい! たしかにおいしい! おいしいところはおいしいんだ! という感じ。
夜はミシュランの星が輝いてウン万円取られるけど、昼間ならぜひまた行きたい。

5月「春秋ツギハギ」、7月「春秋ユラリ」
創作系(春秋ツギハギ・ユラリ)は、店のあたりはずれが大きい。
ツギハギは和洋折衷。どれもおいしかった。最後にお釜で炊いたご飯が出てくると、やっぱり落ち着く。日本人だ。
ユラリも同じコンセプトだっだけど、創作がこりすぎていてイマイチ。嫁も同じことを言っていたので、そう感じさせるなにかがあるんだろうな。

9月「季楽」
季楽は銀座ランチ。佐賀牛がおいしくいただける。
銀座の一等地というのも入れると、とてもCPよし。ただ場所代込みかな・・・
とはいえ接客もすごくよくて(そういうのはあまり気にしないのだけど)ホスピタリティって大事なんだなと感じたお店。
お肉の脂の乗りっぷりは、個人的に厳しかった。世間で言うおいしいお肉ってのは、個人的には不向きなのかも。

10月「レストランカタヤマ」
家のすぐそばに、とても肉のおいしいお店があるとのことにて。
駄便丁カットというもので、独特な肉の柔らかさになるとのこと。実際、ふんわりしたやわらかさ。うん、おいしい。
ただやっぱりおいしい肉というのは、根本的に性に合わないのかも・・・

| author : もっちー | 23:45 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

2012.06.23 Saturday | category:-

| author : スポンサードリンク | 23:45 | - | - |

Comment

Submit Comment










selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

▲Top