<< 妄想世界一周 / main / iPadがほしい >>

スポンサーサイト

2012.06.23 Saturday | category:-

一定期間更新がないため広告を表示しています

| author : スポンサードリンク | | - | - |

2つに折れた愉快なビル

2011.09.11 Sunday | category:軽く考えたこと
 辺見庸が、8月31日の日経新聞夕刊のなかで言っていることが、とても面白い。

■震災後の文学、文化を取り巻く状況には、ある種の危うさ、いかがわしさを感じると明かす。
 いま、詩に限らず、表現の多くが震災を大変な悲劇としてとらえ、悼むことに多大なエネルギーを費やしている。無理からぬ成り行きだろうが、僕は薄気味悪さを覚える。
 坂口安吾は空襲の破壊の美を書いた。中山啓という詩人は関東大震災で2つに折れたビルの様子を「愉快」だとよんだ。悼み、悲しむ姿勢とは対極にある、そのような言葉を、今日受けいれる自由な空気があるか。書こうとする作家や詩人の存在があるか。恐らくない。そのことに危うさを感じる。

 空襲が「破壊の美」で、関東大震災で折れたビルが「愉快」――
 斜め45度な視点は、理性的にはひどくくさいけど、感情的にはうらやましい。

 いまこんなアウトローな表現をしたらどうなる?
 少なくとも「死の町」といった経産相は辞任した。ケアレスな発言とはいえ、辞任にいたったのは、世相の不寛容さゆえかな。


 それでこの文章は、こんな感じで終わる。

 国難が叫ばれ、連携や絆、地域、国家を重んじる時代には、往々にして、特異な個人が排除される。それだけはあってはならない、いま必要なのは手に手をとって「上を向いて歩こう」を歌うことじゃない。個人がありていに話す空間、新しい知をつくることが希望に至る一筋の道だ。

 昨日、誰もいないレイトショーで、「コクリコ坂から」を見た。
 カルチェラタンに見る世相の縮図。少なくとも自分は、みんなが同じ方を向くのが小気味よい。「いい子たれ」教育を受けてきたから?
 アウトローはうらやましくも、自分はそこにはいけない。勇気がないから。意気地がないから。

 でも辺見庸の言う「薄気味悪さ」というのは、きっと正しいんだろうな。
 モラルだ、道徳だ、ってのはとても大事だけど、そんな暑苦しい着物をいったん脱ぎ捨てて。
 戦後のアナロジーからすると、「堕落すべき時には、まっとうに、まっさかさまに堕ちねばならぬ(新堕落論)」という坂口安吾の洞察は、いまにも通じるのかもね。

| author : もっちー | 23:38 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

2012.06.23 Saturday | category:-

| author : スポンサードリンク | 23:38 | - | - |

Comment

Submit Comment










selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

▲Top