<< 共著で本を出しました。 / main / 世界のCMフェスティバルに行ってきた。 >>

スポンサーサイト

2012.06.23 Saturday | category:-

一定期間更新がないため広告を表示しています

| author : スポンサードリンク | | - | - |

ノーベル平和賞はすごいと思う。

2010.10.08 Friday | category:深く考えたこと
 世界の歴史を学んでて思うのは、「この人はすごい!」という人が、ノーベル平和賞を受賞していること。
------------------------------------------------------------------------
 1953:マーシャル(マーシャルプランによるヨーロッパ復興)
 1964:キング牧師(人種差別に対する非暴力運動)
 1983:ワセル(ポーランドの解放)
 1990:ゴルバチョフ(東西冷戦の終結)
 1993:マンデラとデクラーク(南アフリカのアパルトヘイト)
------------------------------------------------------------------------
 逆に言えば、ノーベル平和賞受賞者をたどっていくと、世界の歴史が浮き彫りになってくるのでは? と思う。

 今年は劉暁波――中国で行った民主化運動が評価されたとのこと。
 さらに、ノーベル財団からのプレスリリースは次の通り。
「・・・中国の憲法35条には『言論、出版、集会、結社、行進、大衆運動の自由は、これを保障する』とある。しかし実際のところは、これらの自由は非常に制限されている。・・・」
 これは中国も怒る。
 冷戦構造を彷彿とさせる。
 イデオロギー批判ともとられかねない今回の受賞は、とても興味深い。

 文化大革命が起こり、さらに天安門事件が起こり、民主化の機運が高まる。いまの中国はこの文脈のまっただなかにあろうが、果たしてこの先どこに行くのだろう。
 ノーベル平和賞が世界の歴史の節目にあるとするなら、僕らがおじいちゃん・おばあちゃんになった頃には「振り返ってみれば、劉暁波にノーベル平和賞を与えたのは先見の明だね」という時代が来るのかな?

| author : もっちー | 22:21 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

2012.06.23 Saturday | category:-

| author : スポンサードリンク | 22:21 | - | - |

Comment

Submit Comment










selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

▲Top