<< SMの次はBT / main / 爆問学問からのひらめき >>

スポンサーサイト

2012.06.23 Saturday | category:-

一定期間更新がないため広告を表示しています

| author : スポンサードリンク | | - | - |

内田やら三島やらのネットリ

2010.03.14 Sunday | category:くだらないこと
 ブログの更新をサボりすぎると、トップ画面に広告がき、
 その画面が「早く更新しなさい!」と怒っているかのようで見て見ぬ振りをしていたら、今度はリアルな人間から直接「更新しなさい」と怒られ。


 この間、フィーリングのあう知り合いから「お薦めだよ!」と、内田樹の本を紹介されて驚いた。そして曰く「すごくバランス感覚がいいんだよ!」というから、これにも大層驚いた。
 というのも、自分が人にお薦めの本を聞かれたなら内田樹の本を紹介するし(相手は選びますが)そのときに「バランス感覚がよくてね」と紹介するから。
 なるほど、フィーリングが合うわけだ。

 それでふと三島由紀夫やら夏目漱石の話になり、
「名作が名作たるゆえん」を自分の肌で感じたいよね、やらそんなことをお互いに言い合っていたけれども、その時に今さら天啓のように気がついたのは、そういった名作の面白さは「つまるところ」なんて一言で語れんと。

 三島由紀夫の『金閣寺』を読んだ後は、なんだか頭の中がネットリとして、正直、面白かったのかつまらなかったのか、それすらも分からない。ただとにかくネットリとして、
「その面白さを伝えてよ」と頼まれても、
「不遇な子供時代を送った子供がね、歪んだ恋愛感情を持っちゃって、あげく金閣寺を好きになったんだ」と説明して、
「きみの説明からは、何の面白さも伝わってこないな」と言われるのがせいぜい。
 でもとにかく頭の中ではネットリとしていて、まあそのネットリが文学的ななにかなのか。

 それで本当は、内田樹の『日本辺境論』にいたく共感して、それとなにかのアナロジーで文章をと思っていたけれど、
 ここから書いても、書き出しとはちぐはぐになっちゃうから。
 心はいたって健全だけど、久々に書いた文章は頽廃的、

| author : もっちー | 02:44 | comments(2) | - |

スポンサーサイト

2012.06.23 Saturday | category:-

| author : スポンサードリンク | 02:44 | - | - |

Comment

お、もう読み終わったんだ!
早い〜!やっぱり面白かったんだね。読むのが楽しみ。
金閣寺はストーリーをほぼ忘れたけど、悶々としている印象があるよ。
ネットリに近いかもね、笑。

| erix | 2010/03/15 12:46 AM |

面白いよ、日本辺境論。
手放しで受け入れがたい部分もあるけど、共感できるところもあり。
個人的に、日本人の「人の欠点をあげつらいがち・全体的にネガティブ」といった国民性を自分なりに理由付けできたので、満足です。

「この本を読んだ人は、こんな本も読んでます!」を自分なりにやると、
武士道(新渡戸稲造)
菊と刀(ベネディクト)
国家の品格(藤原正彦)
な感じかな。

| もっちー | 2010/03/16 1:59 AM |

Submit Comment










selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

▲Top