<< 盲腸にかかる / main / 嵐山・保津川・耳かき・鴨川の法則・納涼床 >>

スポンサーサイト

2012.06.23 Saturday | category:-

一定期間更新がないため広告を表示しています

| author : スポンサードリンク | | - | - |

盲腸をめぐって思ったこと

2009.05.20 Wednesday | category:深く考えたこと
 昨日までのあらすじ。
 耐えがたい腹痛を感じたのが一昨日。
 一晩眠ると痛みはやわらいだが、右下腹部にしこりのような鈍痛が残る。
 食あたりと思っていたが、同僚に勧められて病院にいくと、「典型的な虫垂炎」という診断を受けた。
 このところ盲腸は薬で治ると聞いているも、お医者さんには「ここまで腫れると、基本的には手術の適応だね」と言われる。手術となると勇気が要るので、決断を保留した。

 そして今日。
 一晩かけて「手術は辞せず」の覚悟を決め、さらなる診断を受けるべく病院に。
 すると・・・

「その後、調子はいかがですか? まだ痛いですか?」
「少し痛いですけど、昨日よりはおさまってきました」
 と、触診をしだす先生。
「ま、これなら薬で散らして、大丈夫そうだね」

 せっかくの覚悟が・・・
 薬という選択肢が、一気に魅力的に見えてきました。

「どうしましょう。手術がイヤでしたら薬で様子を見る選択肢もありますし、いっそ切断して憂いをなくすのもありですし。薬がいいという人に、手術をするのもなんですし」
「薬で治すと、再発するとよく聞きますが?」
「盲腸の中には再発しやすいタイプがあってね。あなたのは違いますよ。ただ、再発しないとはいえないですけれど」
「それは薬では完治しないということですか?」
「すでに痛みがやわらいでいるので、炎症は治まってきて、膿がだんだん出てると思います。これから薬を飲んで痛みが止まっていけば、膿が除かれると思いますよ」
「えっと・・・それは完治ということで?」
「完治というか・・・膿が完全に除かれるとは言い切れないですし、痛みがなくなったからといって手術をしなくていい、というわけではないんですね」
「うううーーーん」
「まあ、今週末まで薬で様子を見て、それでも痛みが引かなければ、手術をしましょう」

 やたらと平行線ですが・・・
 お医者さんからすると、完治するのは「虫垂を切り取ったとき」で、薬で治すかぎり完治はありえない。ただ自分は「いまの症状がもとの状態に戻る」のが完治のイメージで、人並みの盲腸発症率はいとわない。
 このかみ合わなさに、話しながら苦笑い。


 ただこれは「インフォームド・コンセントの弊害」の典型例か。

 手術にせよ薬にせよ、どちらもメリット/デメリットがある。
 それぞれを丁寧に説明されても、「どちらにしますか?」といわれて答えは出せない。
 結局、自分の答えと心中する勇気がないから。
 今回は盲腸だからまだしも、これが不治の病となったとき、決断できる自信はない。

 インフォームド(患者に情報を提供)して、患者の判断に基づくコンセント(同意)を得るのが”建設的なやり取り”とはいえ、下した判断に自信が持てるものかどうか。
 ネットや医学書でどれだけ理論武装しても、専門家にはかなわない。
 自分としては、信頼できる専門家の判断に任せたいな、と。

 今回は、最後の最後で「手術 or 薬」のガイドラインを提示してくれたので一安心。


 こうして抗生剤と痛み止めを処方されたけど、副作用で下痢がべろべろです。

| author : もっちー | 00:31 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

2012.06.23 Saturday | category:-

| author : スポンサードリンク | 00:31 | - | - |

Comment

Submit Comment










selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

▲Top