スポンサーサイト

2012.06.23 Saturday | category:-

一定期間更新がないため広告を表示しています

| author : スポンサードリンク | | - | - |

3分クッキングが・・・

2012.06.23 Saturday | category:くだらないこと
3分クッキングなのに3分で作れないというのに我慢ならなかったけれど、
ついに梅酒を作って「こちらが1年前に漬けた梅酒です」となったときにはぶったまげた。

| author : もっちー | 01:56 | comments(0) | - |

神様が将棋を指したらどうなるんだろう?

2012.04.22 Sunday | category:軽く考えたこと
 神様の将棋の指し手を100点としたら、いまのプロ棋士(たとえば羽生さん)の指し手は何点くらいなんだろう?
 ぼくらアマチュアからすると、羽生さんの指し手は常に「正解」にしか見えないけど、神様から見たら、じつは20点程度かもしれない。

 プロの仕事は”最善手を追究すること”と言うし、その成果が「定跡」として整備されているけど、その完成度は果たしてどのくらいなんだろうか。将棋の初手は、本当に7六歩とか2六歩とかがいいのか? 本当は1八香が最善手かもしれない。そんなのは神様しか知らない。

 そんなことを思うきっかけになったのは、年初の頃になるが、米長永世棋聖がボンクラーズ(コンピューター)と対決して、完敗を喫したからだ。ずっとニコニコ動画で生中継を見ていたが、淡々と指しているボンクラーズが、米長棋聖をあっさりと倒したのに、やたら不協和な印象を受けた。

 神様の指し手を100点として、羽生さんや米長棋聖の指し手が20点くらいだとしたら、コンピューターが人間を破ったというのは、理論計算の末、せいぜい20点を越えたということに過ぎない。
 今後、コンピューターのアウトプットが上がっていき、50点の指し手が指されたときには、もはや人間には理解できないという事態が起こるのか。怖いけど見てみたい。

| author : もっちー | 01:59 | comments(0) | - |

若者に元気がないって、こういうことか。

2012.01.23 Monday | category:軽く考えたこと
 日経の1月10日の記事「C世代駆ける」から。(シンクタンク・ソフィアバンク副代表の藤沢久美氏)

========================
 ・・・若い人はその時代に足りないものに対してハングリー。今の経営者や管理職は若いとき、お金やモノに対してハングリーだった。今の若者は共感や社会をよくしたいとの思いに対してハングリーだ。上の世代が「若者に元気がない」と感じるのは、自分たちがかつて渇望したものを今の若者が求めないからだ・・・
========================

 なるほどなー。いやぁ、これは鋭い洞察だ。

 大きな会社に入って、終身雇用が保障されて、上司にならえば、出世の道が広がる。
「今日時間あるか?」に「時間あります」と言うのが部下の務め。
 そんな昔ながらの「サラリーマン道」を厭う若手に、「お前らは元気がない」という上司の姿が目にうかぶ。実際、身の回りにたくさんいるもんね・・・

 いやぁ、これは鋭い洞察だ。

| author : もっちー | 23:03 | comments(0) | - |

どうでもいい雑感を3つ

2011.12.22 Thursday | category:-
・自分はamazonプライムの会員である。
 会社の昼休みにiPhoneで注文した商品が、夜家に帰ったら届いていた。はやすぎじゃね。

・家政婦のミタの最後のシーンは、家の目の前だった。

・自分が受けた東大入試の数学第一問は、「三角形の加法定理を証明せよ」だった。
 いまさらながら、メッセージ性の強い良問だと思う。(自分は解けなかったが)

| author : もっちー | 01:26 | comments(0) | - |

舌を肥やす会を半年続けて

2011.10.30 Sunday | category:軽く考えたこと
「舌を肥やす会」というものを始めて半年たった。(経緯はこちら
 行ったお店は下のとおり。以下、思ったことのまとめ。

=================================
 4月:分とく山      5000円、☆☆☆☆
 5月:春秋ツギハギ    4000円、☆☆☆★
 6月:菱沼        7000円、☆☆☆☆☆
 7月:春秋ユラリ     5000円、☆☆
 8月:大使館       3000円、☆☆★
 9月:季楽        4000円、☆☆☆
 10月:レストランカタヤマ 3000円、☆☆☆
=================================

4月「分とく山」、6月「菱沼」
ダントツによかったのが和食(分とく山・菱沼)、最高にCPがよい。
おいしい! たしかにおいしい! おいしいところはおいしいんだ! という感じ。
夜はミシュランの星が輝いてウン万円取られるけど、昼間ならぜひまた行きたい。

5月「春秋ツギハギ」、7月「春秋ユラリ」
創作系(春秋ツギハギ・ユラリ)は、店のあたりはずれが大きい。
ツギハギは和洋折衷。どれもおいしかった。最後にお釜で炊いたご飯が出てくると、やっぱり落ち着く。日本人だ。
ユラリも同じコンセプトだっだけど、創作がこりすぎていてイマイチ。嫁も同じことを言っていたので、そう感じさせるなにかがあるんだろうな。

9月「季楽」
季楽は銀座ランチ。佐賀牛がおいしくいただける。
銀座の一等地というのも入れると、とてもCPよし。ただ場所代込みかな・・・
とはいえ接客もすごくよくて(そういうのはあまり気にしないのだけど)ホスピタリティって大事なんだなと感じたお店。
お肉の脂の乗りっぷりは、個人的に厳しかった。世間で言うおいしいお肉ってのは、個人的には不向きなのかも。

10月「レストランカタヤマ」
家のすぐそばに、とても肉のおいしいお店があるとのことにて。
駄便丁カットというもので、独特な肉の柔らかさになるとのこと。実際、ふんわりしたやわらかさ。うん、おいしい。
ただやっぱりおいしい肉というのは、根本的に性に合わないのかも・・・

| author : もっちー | 23:45 | comments(0) | - |

20台のときに、読んでおこうと思った本(暫定版)

2011.10.04 Tuesday | category:本・映画
20台のときに、読んでおこうと思った本。
30台の読書のために整理。
まだ暫定版。
A: 読書済、B: 読書中、C: は手つかず。
(2011/10/09改訂)

近代文学
A: 坂口安吾「堕落論
A: 三島由紀夫「金閣寺
C: 三島由紀夫「葉隠入門
A: 森鴎外「舞姫
C: 島崎藤村「破戒
A: 太宰治「人間失格
C: 川端康成「伊豆の踊子
C: シェイクスピア「ハムレット
C: 福沢諭吉「学問のすすめ
A: 新渡戸稲造「武士道
B: 夏目漱石「吾輩は猫である
A: 夏目漱石「坊ちゃん
A: 夏目漱石「三四郎
A: 夏目漱石「草枕
C: 夏目漱石「
C: 夏目漱石「それから
A: 夏目漱石「こころ

古典
B: 中国古典「菜根譚
B: 日本古典「今昔物語
B: 日本古典「宇治拾遺物語
C: 唯円・親鸞「歎異抄
A: 鴨長明「方丈記
B: 紫式部「源氏物語」(大塚ひかり訳)
B: 吉田兼好「徒然草
C: 清少納言「枕草子
A: デカルト「方法序説
C: 世阿弥「風姿花伝
C: ブルフィンチ「ギリシャ・ローマ神話

小説
A: ヨースタイン・ゴルデル「ソフィーの世界
A: 司馬遼太郎「梟の城
A: 松本清張「点と線
A: 山本兼一「利休にたずねよ
A: 冲方丁「天地明察
C: ウンベルト・エーコ「薔薇の名前
A: 村上春樹「ノルウェイの森
A: 深沢七郎「楢山節考
A: 吉川栄治「三国志
C: 橋本治「双調 平家物語
A: 綾辻行人「十角館の殺人
C: アーサー・C・クラーク「幼年期の終わり

サイエンス
B: ドナルド・ノーマン「誰のためのデザイン?
A: 長谷川真理子・長谷川寿一「進化と人間行動
C: スティグリッツ「入門経済学
C: ルソー「社会契約論
C: ジャレド・ダイヤモンド「銃・病原菌・鉄――1万3000年にわたる人類史の謎
B: 武田康男「楽しい気象観察図鑑
C: マイケル・サンデル「これから「正義」の話をしよう
B: 阿部公正「世界デザイン史
B: シュレディンガー「生命とは何か
C: 金子邦彦「生命とは何か――複雑系生命科学へ
C: ファインマン「ファインマン物理学
C: 山本義隆「磁力と重力の発見
C: カウフマン「自己組織化と進化の論理――宇宙を貫く複雑系の法則
A: ワールドロップ「複雑系――科学革命の震源地・サンタフェ研究所の天才たち
C: トーマン・クーン「科学革命の構造
C: バートランド・ラッセル「哲学入門
B: ロバーツ「世界の歴史8-10巻

エッセイ
C: 小林秀雄「考えるヒント
C: 寺山修司「書を捨てよ、街へ出よう
A: 藤原正彦「国家の品格
C: 藤原正彦「日本人の誇り
A: 河口俊彦「新・対局日誌
A: 内田樹「子どもは判ってくれない
C: 内田樹「私家版・ユダヤ文化論
A: 内田樹「寝ながら学べる構造主義
A: 内田樹「日本辺境論
C: 中井正一「美学入門
B: 梅棹忠夫「文明の生態史観
C: 和辻哲郎「風土
A: 原研哉「
A: ジョン・マエダ「シンプリシティの法則
B: 三木清「人生論ノート
B: 養老孟司「唯脳論
A: 養老孟司「バカの壁
A: 辺見庸「もの食う人びと
A: 梅田望夫「ウェブ進化論
A: ショウペンハウエル「読書について
A: ケンタロウ「ケンタロウのこれでよし!
B: 加藤陽子「それでも、日本人は「戦争」を選んだ
C: 水村美苗「日本語が亡びるとき
C: 松田行正「眼の冒険
B: ジェームス・ヤング「アイデアのつくり方
A: ヴィクトール・フランクル「夜と霧
C: ヴィクトール・フランクル「それでも人生にイエスと言う
C: 司馬遼太郎「この国のかたち
A: カール・セーガン「人はなぜエセ科学に騙されるのか

ノンフィクション
A: サイモン・シン「フェルマーの最終定理
A: サイモン・シン「暗号解読――ロゼッタストーンから量子暗号まで
C: 一之瀬泰造「地雷を踏んだらサヨウナラ
B: ニック・ヤップ「世界を変えた100日
B: ベネディクト「菊と刀
C: クリス・アボット「世界を動かした21の演説――あなたにとって「正しいこと」とは何か
C: ムハマド・ユヌス「貧困のない世界を創る
A: ジェイムズ・デイヴィス「人間ものがたり――石器時代から現代までのわたしたちの歴史

ビジネス書
C: スティーブン・コヴィー「7つの習慣――成功には原則があった
A: 御立尚資「戦略「脳」を鍛える
B: 御立尚資「経営思考の「補助線」
B: 安宅和人「イシューからはじめよ
A: 斉藤嘉則「問題解決プロフェッショナル、思考と技術
A: 斉藤嘉則「問題解決プロフェッショナル、構想力と分析力
A: ジェームズ・コリンズ「ビジョナリーカンパニー
A: デール・カーネギー「人を動かす

実用書
A: 白石謙二「言葉と声の磨き方
A: 児玉光雄「イチロー式集中力

絵本
A: 加藤久仁生・平田研也「つみきのいえ

漫画
A: 尾田栄一郎「ONE PIECE
B: さいとうたかを「ゴルゴ13

| author : もっちー | 00:09 | comments(0) | - |

iPadがほしい

2011.09.25 Sunday | category:くだらないこと
じわじわ、
じわりじわり、と。

Wi-Fiがいいんだろうか、3Gがいいんだろうか。
外で使うんだろうか・・・

| author : もっちー | 23:49 | comments(0) | - |

2つに折れた愉快なビル

2011.09.11 Sunday | category:軽く考えたこと
 辺見庸が、8月31日の日経新聞夕刊のなかで言っていることが、とても面白い。

■震災後の文学、文化を取り巻く状況には、ある種の危うさ、いかがわしさを感じると明かす。
 いま、詩に限らず、表現の多くが震災を大変な悲劇としてとらえ、悼むことに多大なエネルギーを費やしている。無理からぬ成り行きだろうが、僕は薄気味悪さを覚える。
 坂口安吾は空襲の破壊の美を書いた。中山啓という詩人は関東大震災で2つに折れたビルの様子を「愉快」だとよんだ。悼み、悲しむ姿勢とは対極にある、そのような言葉を、今日受けいれる自由な空気があるか。書こうとする作家や詩人の存在があるか。恐らくない。そのことに危うさを感じる。

 空襲が「破壊の美」で、関東大震災で折れたビルが「愉快」――
 斜め45度な視点は、理性的にはひどくくさいけど、感情的にはうらやましい。

 いまこんなアウトローな表現をしたらどうなる?
 少なくとも「死の町」といった経産相は辞任した。ケアレスな発言とはいえ、辞任にいたったのは、世相の不寛容さゆえかな。


 それでこの文章は、こんな感じで終わる。

 国難が叫ばれ、連携や絆、地域、国家を重んじる時代には、往々にして、特異な個人が排除される。それだけはあってはならない、いま必要なのは手に手をとって「上を向いて歩こう」を歌うことじゃない。個人がありていに話す空間、新しい知をつくることが希望に至る一筋の道だ。

 昨日、誰もいないレイトショーで、「コクリコ坂から」を見た。
 カルチェラタンに見る世相の縮図。少なくとも自分は、みんなが同じ方を向くのが小気味よい。「いい子たれ」教育を受けてきたから?
 アウトローはうらやましくも、自分はそこにはいけない。勇気がないから。意気地がないから。

 でも辺見庸の言う「薄気味悪さ」というのは、きっと正しいんだろうな。
 モラルだ、道徳だ、ってのはとても大事だけど、そんな暑苦しい着物をいったん脱ぎ捨てて。
 戦後のアナロジーからすると、「堕落すべき時には、まっとうに、まっさかさまに堕ちねばならぬ(新堕落論)」という坂口安吾の洞察は、いまにも通じるのかもね。

| author : もっちー | 23:38 | comments(0) | - |

妄想世界一周

2011.09.01 Thursday | category:くだらないこと
 一ヶ月くらい前から、世界一周を始めた。
 寝付けない夜に、きまって旅は始まる。
 
 釜山に降りたって、陽気に北上する。板門店を遠めに見て、ホフクゼンシン。
 朝鮮半島をすぎると、なんとなく弩をかかえた騎馬隊とすれ違い、
 しばらくして張作霖が電車で通りすぎていく。なんだか嬉しそうだ。

 そんな感じで、モンゴルにたどり着いた。
 ここからは西に向かって、シルクロードを目指そう。

| author : もっちー | 23:38 | comments(0) | - |

舌を肥やす会、買い物、花火大会

2011.08.28 Sunday | category:くだらないこと
 このところ特に何があるわけでもなく、逆に何もないだけに、ただただ頭を低くしている日々。
 麻雀をしていると、急に配牌が悪くなるときがある。どこかで運気が悪くなった。そういうときは派手に動いてもうまくいかない。ひたすら頭を低くして怪我をしないように無難に打ちこなし、次のチャンスを待つ。
 あえて麻雀で言うのもなんだが、それがドンピシャな感じ。

 今日は「舌を肥やす日」だったので、奥さんとともに新大久保に韓国料理を食べに行く。
 大使館というお店で、参鶏湯を食べた。(→大使館
 そういえば最近、会社の食堂に「参鶏湯が食べたい!」という素っ頓狂な要望が出されていたら、間もなく参鶏湯が供されていた。ビックリだ。会社の食堂も、なかなかやる。

 それから上野駅のエキナカで、満寿屋の原稿用紙と、穂村弘の「現実入門」を買う。
(→満寿屋の原稿用紙
(→穂村弘「現実入門」
 どちらも完全な衝動買い(というほどテンションも高くなく、琴線の一本がゆらっとゆらぐ感じ)だが、いい買い物をしたなと思う。
 原稿用紙は、ぜいたくに置手紙に使ってみよう。




 最後に、隅田川花火大会を見にいく。(→隅田川花火大会
 家からすぐのところに、花火がよく見える有名な穴場スポットがあり、午前中に場所取り済み。甚平を羽織ってブラリブラリ行くのが、だめだめな土曜日で、いい感じ。

 そして妙に目が覚めてしまったので、手すさびにブログを書く。
 そろそろ夜も更けてきたから、寝るころか。

| author : もっちー | 01:23 | comments(0) | - |

+ 1/21PAGES + >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

▲Top